忍者ブログ
愛媛FC応援ブログ
[666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656
Posted by - 2020.04.02,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by TIGER69:シバタ トモトシ - 2011.04.11,Mon
4月10日、丸亀で行われたTMを観にいってきました。

45分×3本の変則マッチ。
カマタマーレが1本目2本目を主力組、3本目を控え組という構成なのに対し、愛媛は2本目の半分でメンバーを8人を入れ替える構成でした。

1本目
  ケンゴ 福さん
ウッチー なべ タモ アズ
前の 杉 しょうへい エイゴ
    kwkt

1本目の終了間際にウッチーが痛んで練習生に交代
一応、自力で歩いていたので怪我自体は大したことないと思います。

2本目
GKがハギになった以外は1本目と同じメンバーでスタートし、20分過ぎに8人が交代。
以下の布陣。

ジョジ 練習生
アズ 北森(しまなみ) オチ おーやん  
ミカ 斉藤(しまなみ) ミッチー ユウセイ
ハギ

3本目
ジョジ べんさん
練習生 北森 オチ おーやん
ミカ 斉藤 ミッチー ユウセイ
アキシゲ

正直、1本目、2本目は先日の岡山戦より酷い内容でした。
なんとか攻撃の形は作れていた岡山戦に対し、この日は形すら作れず。
カマタマーレの前線からのプレスにボールを失い、ずっとポゼッションされていました。
どっちがJ2なのか分からないぐらいの有様・・・。

まあ、それでも守備陣はあまり決定的な場面も作らせず、及第点でしょうか。
ただ、中盤で不用意なファウルが多く、危険な位置で何本もFKを撃たせたのは問題です。
それにしても攻撃陣・・・。

中盤でプレスを受けるとパスミスするかバックパス→ロングフィードするもセカンドが拾えずカウンター→ファウル。これの繰り返し。

ピッチからもkwkt以外の声はあまり聞こえず、モチベーションに疑問を感じました。

中では良かったのはアズ。
与えられたチャンスをものにしようと必死になっている「思い」だけは伝わってきました。
しかし、なんでも自分でやろうとしてしまうのか、単調な攻撃になっていて、あまり周りとの連携がうまくいってないように思いました。
この辺は周りが動けてなかったということもあるでしょう。

まあ、しかし1本目2本目は得点の匂いは全くしなかったです。

3本目。
相手がサブ組中心になったこともあり、ポゼッションできるように。
中でもこの日右SBに入ったユウセイが積極的にオーバーラップしていたのが印象に残りました。
あまりに上がりすぎてバランスを崩し、ピンチも何度かありましたが・・・。

この日、唯一の得点もユウセイのオーバーラップから。
ドンピシャのクロスをべんさんが狙い済ましてヘッドで決めてゴール。
このべんさんの笑顔で多少救われました。

あと他に良かった、数少ない点はミッチー。
コンディションが上がってきたのか1対1に強さを発揮してきてます。
今のところしょうへいが一歩ぬきんでていますが、杉も悪くないだけにCBのポジション争いは熾烈ですね。

最後にこの日場内アナウンスで「すぎうらきょうへい」呼ばわりされた謎のブラジル人。
3本目はSHに入りましたが、おそらくFW専門でしょう。
スピードのあるドリブラーで、今の愛媛にはいないタイプのFWです。
1本目お終わり頃から3本目までプレイしましたが、スタミナに疑問符がつくのと、前線から守備、という意識がまだあまり無いのが課題でしょうか。
もしも契約すればおもしろいかもしれません。
PR
TrackBack URL
TrackBacks



2011Jリーグ特命PR部員 TIGER69
■□■ コメント ■□■
NONAME(06/12)
ai(06/12)
NONAME(06/12)
TIGER69(06/11)
通りすがりサポーター(06/11)
■□■ 最新エントリー ■□■
■□■ カレンダー ■□■
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
■□■ 携帯電話 ■□■
↓携帯電話でもCHECK IT!↓
■□■ プロフィール ■□■
HN:
TIGER69:シバタ トモトシ
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1969/03/04
自己紹介:
愛媛FCを愛するホームサポです。
メインスタンドの住人です。
どうぞよろしう。
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]