忍者ブログ
愛媛FC応援ブログ
[714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704
Posted by - 2018.12.12,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by TIGER69:シバタ トモトシ - 2013.03.03,Sun
さあいよいよ2013年が開幕しました!相手は苦手な山形。正直、まだチームが出来上がってないだろうな、と思ってたのですが、見事に勝利!幸先の良いスタートになりました。
さて久しぶりに試合をじっくりと見ることができたので振り返ってみたいと思います。
この試合、私が注目していた点は2つ。
1つは石丸新監督がどういうサッカーをやりたいのか。
そしてもう1つはキャプテンの吉村選手をはじめとした新戦力。
まずサッカーについてですが、システムは3-4-2-1。最近Jリーグでも流行ってきているシステムです。このシステムの注意点は相手のサイド攻撃にいかに対応するのか、という点です。
やり方は主に二通りありまして、ダブルボランチの1人が下がって対応する、というのともう一つはサイドのMFが下がるやり方です。愛媛は後者で石井選手と三原選手(黒木選手)がDFラインまで下がって対応してました。つまり守備の時は5バックに見える形になります。
こうなると攻撃に移る時に両サイドの選手はかなり長い距離を走らなくてはなりません。
前半、なかなかいい攻撃の形が作れなかったのはこの両MFが上がるまでの時間を稼ぐ「タメ」が作れなかったという点です。
まあおそらく「前半はしっかりブロックを作ってまずは失点しない」というゲームプランだったでしょうからそれも仕方ないかもしれません。
しかし徐々に三原選手や石井選手がウィングの位置まで上がれるようになり、そこからは愛媛の試合だったと思います。おそらく石丸監督のイメージでは守備時には5バックで守り、攻撃の時は3バックで前線に人数を増やす、というシステムの形が攻守で違うサッカーではないでしょうか?
イメージ的には広島が近いと思います。このシステムだと絶えず相手より人数が多い状況を作り出せるようになるのでより得点の機会が増えると思います。
ただし、このサッカーだと避けては通れない大きな課題があります。それは全選手に膨大な運動量が求められる、という点です。CBも細かくラインを上げ下げしなきゃなりませんし、ボランチや2シャドーもチャンスには1トップを追い越さなければなりません。1トップはもちろん前線から積極的にチェイスしなくてはなりません。そして両サイドは4-4-2の時より長い距離を走る必要があります。
見ている方は面白い、サッカーですが、やってる方はなかなか大変だと思います・・・。
でもこれを完成させることができればプレーオフも狙えるんじゃないだろうか、と思う可能性を感じました。

さて、最後に今日、気になった新戦力。
まず吉村、小原、三原あたりは期待通りです。特に吉村はいいですね。玄人好みですw
トミッチとの組み合わせは最高かもしれません。でもまだまだ良くなりますね。
そして私が個人的に「おお!」と思ったのは・・・

渡辺選手。

こういうタイプの大型FWってなかなか日本人では成功できないのですが、今後が楽しみな逸材であることは間違いないと思います。シュート力を磨けば2桁ぐらいは取れる予感がします。
あとはプロのストライカーに必要な「血」でしょうか。今後も注目したいと思います。
PR
<< vs長崎HOME無題 >>



2011Jリーグ特命PR部員 TIGER69
■□■ コメント ■□■
NONAME(06/12)
ai(06/12)
NONAME(06/12)
TIGER69(06/11)
通りすがりサポーター(06/11)
■□■ 最新エントリー ■□■
■□■ カレンダー ■□■
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
■□■ 携帯電話 ■□■
↓携帯電話でもCHECK IT!↓
■□■ プロフィール ■□■
HN:
TIGER69:シバタ トモトシ
年齢:
49
性別:
男性
誕生日:
1969/03/04
自己紹介:
愛媛FCを愛するホームサポです。
メインスタンドの住人です。
どうぞよろしう。
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]