忍者ブログ
愛媛FC応援ブログ
[153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143
Posted by - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by TIGER69:シバタ トモトシ - 2007.07.19,Thu
愛媛だけに限らず、サッカーの試合中、どうしてもチーム全体の気持ちが切れてしまう時間帯があります。
昨夜の場合、まさに立ち上がりのセレッソがそうで、その隙を逃してはいけなかった。
そして思うように攻めきれず、FWでボールが収まらないので徐々にポゼッションされてしまいます。
そして「このまま無失点でハーフタイムを・・・」と弱気が見えたときに近藤の怪我&治療というアクシデント。
近藤が外で治療を受けている間、星野がCBに入り、井上が左SBへ入るのですが、このとき「近藤がいない」という心理的な不安も加わってズルズルラインが下がってしまいます。
これがきっかけで今度は愛媛に「ぼんやりタイム」が訪れてしまいます。
集中してないことはないんだけど、なんだかスタジアム全体が霧に包まれたような嫌な違和感。
出足が鈍くなるのでセカンドが拾えず、走り出しが無いので足元へボールを渡そうとしてはカットされ、マイボールにしても焦ってクリアするのみ・・・。
川北や宮原あたりは敏感に察知して「集中!集中!」と声を出してはいますが、こういうときはいくら声を出しても一度切れた気持ちはなかなか戻りません・・・。
幸い、そのまま前半を終了して後半に入ったのですが、一度勢いづいた大阪の攻撃になすすべなく、ジリジリと押し込まれ、失点。

そんな中、流れを今一度引き寄せたのは・・・

森脇のドリブル&ミドルシュートでした。
惜しくも枠を捉えめあせんでしたが、意識してかどうかは知りませんが、ああいう森脇の勇気を持ったプレイはチーム全体に活気をもたらします。

↓こういうのはいただけませんが・・・。(大山GJ!)



その後、押し込まれることもあったり、失点も繰り返してしまいましたが、川北のスーパーセーブもあって、チームは最後まで勇気を持って闘っていたと思います。



いろいろ修正点はありますし、内容的には完敗に近いものでしたが、とりあえず、次に繋がるものは見えたんじゃないでしょうか。
PR
TrackBack URL
TrackBacks



2011Jリーグ特命PR部員 TIGER69
■□■ コメント ■□■
NONAME(06/12)
ai(06/12)
NONAME(06/12)
TIGER69(06/11)
通りすがりサポーター(06/11)
■□■ 最新エントリー ■□■
■□■ カレンダー ■□■
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
■□■ 携帯電話 ■□■
↓携帯電話でもCHECK IT!↓
■□■ プロフィール ■□■
HN:
TIGER69:シバタ トモトシ
年齢:
48
性別:
男性
誕生日:
1969/03/04
自己紹介:
愛媛FCを愛するホームサポです。
メインスタンドの住人です。
どうぞよろしう。
アクセス解析
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]